歯を抜かない為の歯内療法
お問い合わせは
こちら
儡ite Map 僣ome
神奈川県高座郡寒川町岡田

 
歯内療法(根の治療)
歯内療法は歯を抜かない為の治療です。一般的に『歯の神経を抜く治療』と言われています。
しかし『歯の神経を抜く』と簡単に言われていますが、しっかり治療を行わないといずれ抜歯になってしまうこともあります。 
歯の内部構造は顔形が違うようにそれぞれの人によって形、太さ、長さ、曲がり方や枝分かれした部分などの違いがあり非常に複雑です。特に奥歯は自分の体重分位の噛む力がかかると言われ、その力を支える為に通常根が2〜3本に枝分かれしており、それ以上という場合もあります。そのため内部の感染した細菌を除去する治療は繊細でかつ高度な治療技術を必要とし、しっかり時間をかけ行う事が重要です。
歯内療法は虫歯が進行し歯の内部の神経などを含む歯髄組織に細菌感染を起こしたり、歯根の先端が化膿している症例を対象としています。また、この治療を行うには一般的な手術と同様に感染予防のため滅菌・消毒を施した器具や使い捨て器具を多数使用します。
 
 
虫歯が進行し歯の内側まで
細菌感染を起こしている状態
細菌感染により歯根の先の骨が
化膿した状態
 
 
歯内療法を行う前には健全な歯質の確認や前処置を施し、感染歯質を徹底的に除去します。
当院では、開業以来、歯内療法を行い歯の保存(抜かない治療)に努めています。 
 

 
使用器具は前日より準備し、滅菌処理をします。
治療中は歯の内部の感染歯質を取り除く器具も乾熱滅菌機を使用し滅菌したものを使用します。

当日は治療する歯にシート(ラバーダム)を装着し歯の内部に唾液や呼気等が入らないようにし、治療を開始します。

   歯内療法は滅菌操作を基本に歯科医師と歯科衛生士がチームを組んで行います。治療室は空気を洗浄したクリーンルームにて行います。
1本の歯を治療する所要時間は1回約1時間かかり4〜5回行います。
 
 
   当院では最新式レーザー治療を取り入れることにより、今まで抜歯を余儀なくされていた状態の歯も高確率で残すことが可能になりました。
 
 
   専用のPCを使用し歯の状態や治療状況を説明します。
 
 
  デジタルレントゲンを使用し、細部まで確認し治療しています。 
 
 
   歯根先端の化膿した部分(黒いところ)の骨の再生が確認できます。
治療が終了し、痛みや腫れなどの症状がなくなっても定期的に経過観察が大切です。
 
 
  上記の症例と同様に歯根先端の骨の再生が確認できます。
   



 
歯を抜かない為の歯内療法なら医療法人社団オリエント後藤歯科医院    HOME 診療内容 医院紹介 Q&A スタッフ紹介 アンケート 診療時間 地図 サイトマップ

(c) Copyright 1997-2009 GOTO DENTAL CLINIC All rights reserved.