歯周病でお悩みの方 医療法人社団オリエント後藤歯科医院
お問い合わせは
こちら
儡ite Map 僣ome
神奈川県高座郡寒川町岡田

  歯を失う原因の第1位は歯周病!!

歯を失う原因の大半は歯周病と虫歯です。
最近では虫歯よりも歯周病で歯を失う方の方が多いというのが現状です。
(抜歯の原因の42%が歯周病、次いで32%が虫歯、と言う報告があります。)
日本では、成人の約8割が歯周病にかかっていると言われています。


健康な歯槽骨

歯周病の歯槽骨
レントゲンによる歯周病の進行状況

(左図)健康な歯槽骨:しっかりと骨が歯を支えています。
(右図)歯周病の歯槽骨:歯槽骨がなくなり、支えが少なくなっているのが分かります。

一度、失った歯槽骨は非常に元に戻りづらいです。 

歯周病は虫歯と違って痛みなどの自覚症状が少ない為、ほとんどの方は気づかないまま病気が進行し、自覚症状が現れたときには既に手遅れ(抜歯)になっていることも多々あります。
手遅れになる前に早期発見・早期治療が必要になります


☆歯周病とはどのような病気?☆
歯周病とは、歯垢(プラック)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。歯周病により歯を支えている歯周組織(歯肉、歯根膜、セメント質、歯槽骨)が破壊されます。

近年では歯周病が様々な全身疾患(糖尿病、心血管系疾患、早産・低体重児出産など)と関連している事も研究報告されるようになり、歯周病の治療や予防に対する意識は非常に高まっています。

詳しくはこちら

歯周病には歯肉炎と歯周炎があります。
歯肉炎とは…歯周組織の歯肉だけに炎症が生じた状態を言います。
歯周炎とは…歯肉炎の状態からさらに悪化し、その他の歯周組織にまで炎症が及んだ状態を言います。

 


健康な歯肉
  • 歯肉の色は淡いピンク色
  • 腫れ等がなく弾力がある
  • 歯間の歯肉の形も引き締まっている(形は上がとがった三角形)
  • 出血はなし


歯肉炎
  • 歯肉の色は発赤し、悪化すると赤紫色になる
  • 歯肉の感触は引き締まりがなくブヨブヨして弾力がない
  • 歯間の歯肉の形は腫れて縁が丸く膨らみ厚みが増す
  • 歯磨きをすると出血しやすい


歯周炎
  • 歯肉の出血、腫れ、発赤の他、膿がでる事もある
  • 口臭もかなり出る事がある
  • 歯槽骨が吸収され、歯が動揺し始め,物が噛み辛くなる


 
☆歯周病の原因とは?☆


○プラック (歯垢)

位相差顕微鏡に
映し出されたプラック内の細菌
歯周病の最大の原因は細菌の塊であるプラック(プラークと表記されることもある)であり、その中には数億個の細菌が存在しています。プラックが付着したままでいると、プラック内にいる歯周病菌の毒素により、歯肉や歯槽骨に炎症を引き起こし、歯槽骨が破壊されます。
 
 
○噛み合わせ 噛み合わせが悪いと、慢性的に歯槽骨へ過剰(異常)な力が加わり骨の破壊が起こります。
 
 
○その他 悪い歯並び、不良なかぶせ物などがあり、プラックがたまりやすいと、歯肉に炎症を引き起こしやすくなります。




☆歯周病の治療方法は?☆
当院では歯周病治療の専門プログラムを組んでいます。

(歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士がチームを組み、それぞれの視点から患者さんを診て、情報を共有し、あらゆる角度から精査、治療を行います。)

大まかなプログラム内容

検査
  • 歯肉の健康状態 歯の動揺度
  • 歯周病菌検査(バナペリオ)
  • 唾液検査(チェックバフ)
  • 血液検査
  • 位相差顕微鏡による細菌検査
  • CT撮影
  • レントゲン撮影
治療 ・指導
  • 噛み合わせの調整
  • 歯磨き指導
  • 歯石除去
  • 歯科衛生士による歯周病についての説明
  • 食餌指導

 

 

歯磨き指導

専門有資格者である歯科衛生士が行ないます。指導だけではなく患者さんのお口の状態にあった歯ブラシや補助用具(歯間ブラシ等)の選び方、使い方等も説明しています。




歯石除去

病気の原因となる歯石やプラック等を除去します。また、再度付着が起こりにくくなるような処置も行ないます。
(特に歯石は歯磨きをしても取り除くことは出来ないので、専用の器具を使って落とす必要があります。)





歯周病菌検査 バナペリオ

バナペリオは歯周病の発症の原因となる3菌種
・ Porphyromonas gingivalis
・ Treponema denticola
・ Tannerella forsythia
の存在を検査し、歯周病のリスクを調べることができます。




唾液検査 チェックバフ

チェックバフは唾液のpHや緩衝能を調べることができます。
唾液のpHの数値が高い人ほど、歯周病になるリスクが高くなります。







 

 
☆全身疾患と歯周病の関係について☆

歯周病と全身疾患の関係は多く研究されていますが、
近年では以下のような病気との関連が指摘されています。


○ 糖尿病
重度な歯周病患者の歯周ポケット(歯と歯肉の間の溝)内には、多量の歯周病原細菌が棲息しています。歯周病原細菌がポケットから体内(血中)に入り込むと、免疫担当細胞からTNF-α等の炎症性サイトカインが絶えず産生されるようになります。このTNF-αが増加すると、インスリン抵抗性が引き起こされ血糖の自律的なコントロール不全が起こります。
故に重度の歯周病の方は糖尿病が悪化すると考えられています。

○ 心疾患
上述のように歯周病原細菌が血中に入り、心臓などに
感染を引き起こすことがあります。(細菌性心内膜炎)


○ 誤嚥性肺炎
歯周病原細菌を食べ物などと一緒に誤嚥することで肺炎を起こすことがあります。病気や加齢などにより、嚥下機能や咳をする力が弱くなると、本来、食道に入る食べ物などと一緒に歯周病原細菌が誤って気管に入り、肺に炎症を引き起こすリスクが高くなります。

○ 早産 ・低体重児出産
子宮収縮を促すプロスタグランジンが歯周病の進行と共に妊婦血中に増加し、胎児成長に影響を与え、早産を起こすと考えられています。

TOPへ戻る
 




歯周病治療なら医療法人社団オリエント後藤歯科医院    HOME 診療内容 医院紹介 Q&A スタッフ紹介 アンケート 診療時間 地図 サイトマップ

(c) Copyright 1997-2009 GOTO DENTAL CLINIC All rights reserved.